MENU
多動性障害,サプリ,サプリメント,子供 多動性障害,サプリ,サプリメント,子供

多動性障害,サプリ,サプリメント,子供

お子様の多動性障害で悩んでいませんか?

 

1歳から小学校に入学するまでの子供のお母様の悩みの一つに、落ち着きのなさがあります。
ほかの子供さんに比べて落ち着きのなさが目立つときに疑われるのが、多動性障害。
多動性障害とは、1〜5歳までのお子様によくみられる障害で、落ち着きがなかったり、集中力が欠けていたり、
物を失くしやすかったりといった特徴がみられます。

 

落ち着きのないお子様を持つ多くのお母様方は、周りの子供は成長しているのに自分の子供がしっかりしていないのを見て焦り、自分のしつけが悪いというふうに決めつけてしまいます。
そしてもっと厳しく子供にしつけをしようとして、子供をしかったりどなったりしてしまいます。

 

しかし、落ち着きがないことにしても多動性障害の場合も、原因はお母様のしつけにあるのではありません。
多動性障害は脳が正常に働かないために起こります。遺伝によることが大きいと言われていて、病院に行くと多動性障害と診断されることも増えてきました。とはいえ、なかなか診断されない場合も多いようです。

 

多動性障害には、サプリメントを飲ませることも有効な方法のひとつと言われていますから、
お子様の落ち着きのないことが気になったときには、サプリメントを使ってみてはいかがでしょうか。

 

多動性障害のサプリメントは様々ありますが、その中でもオススメのサプリメントがあります。
そのサプリメントとは、「コドミン」というサプリメント。

 

ここでは、子供向けの多動性障害に効果的なサプリメント「コドミン」について紹介していきます。

 

 

多動性障害,サプリ,サプリメント,子供

そもそも多動性障害とは

 

「コドミン」の紹介に移る前に、お子様が多動性障害なのかどうかが気になっているのではないかと思います。
ですので、多動性障害の症状を、簡単に説明したいと思います。

 

多動性障害はADHDとも呼ばれます。これは英語の「attention deficit hyperactivity disorder」の頭文字をとったもの。

 

文科省のホームページでは、多動性障害は、

 

「ADHDとは、年齢あるいは発達に不釣り合いな注意力、及び/又は衝動性、多動性を特徴とする行動の障害で、社会的な活動や学業の機能に支障をきたすものである。」

 

 http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/004/008/001.htm

 

という風に定義されています。

 

もう少し簡単に言うと、年齢相応の行動が取れず、周りに迷惑がかかったり勉強に集中できなくなったりする障害と言い換えられます。
その特徴としては、衝動性(思いつきで行動する)、注意欠如(集中力低下)、多動性(落ち着きがない)が挙げられます。

 

こうした症状は、脳でのアセチルコリンやドーパミンといった神経伝達物質の伝達がきちんと行われず、
脳で発生した情報を正しく処理できないために起こるといわれています。

 

特徴的な症状は年代別に変わってくるそう。
年代別に挙げていきますから、お子様の行動が気になっているときの参考にしてみてください。

 

幼少期〜眠りの心配や物を壊すことが多い

 

まず幼少期(0〜5歳)についてです。
幼少期の多動性障害では、寝るまでに時間がかかったり寝返りを打つことが多かったりといったことが特徴としてあげられます。
また、抱っこをしていても腕の中でそわそわ動くことが多い場合も、多動性障害の可能性があります。

 

その他に、言葉の発達の遅れも見られます。
ある程度意識を持って動くようになると、家の中で落ち着かない様子だったりすぐに物を壊したりするという傾向が見られます。

 

このようなことに心当たりがある場合は、多動性障害の可能性が考えられます。

 

小学生〜椅子にじっと座れなくて気づくことが多い

 

次に小学生についてです。
当然ですが小学生は学校で机に座り、授業を受けます。
しかし多動性障害子供の場合、授業中でもおちつかず、じっと椅子に座って授業を受けることができません。また、授業に必要なものを忘れて行ったり、失くしたりすることが多くなります。

 

この他に他の子供とうまくやっていけず、問題を起こすこともあり、他の子供や先生からなにか問題があるのではと思われてしまいます。
もし他の子供の親御さんや先生からそのような指摘を受けたら、注意が必要かもしれません。

 

中高生〜いろいろな症状

 

最後に中高生についてです。
中学、高校に行くと、完全に自分の意思を持つようになります。そのため多動性障害の子供は、親や先生に歯向かうことが増えてきます。
また、規則を守ることができなかったり友達とうまくやっていけなかったりということも出てきます。

 

この他に、集中力の低下が見られ、興味を持つ対象が減っていきます。このような傾向が見られる場合は、多動性障害を疑っても良いでしょう。

 

多動性障害,サプリ,サプリメント,子供

多動性障害にはコドミンがオススメ!

 

ここまで多動性障害の原因やその病態について見てきました。ここまで読んで自分の子供が多動性障害かもと感じたお母様方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

とはいえ、どの症状も多動性障害だけに起こるものではありません。
目だった症状が、落ち着きのなさだけだったら、病院で診察を受けるほどのことはないと思ってしまいますよね。

 

そんなときに、まずはサプリメントを試してみてはいかがでしょうか。

 

そこで、ここからは多動性障害に有効なサプリメントである「コドミン」について、どうしてコドミンがオススメなのか、1回の服用量や値段などについてご紹介していきたいと思います。

 

コドミンがオススメの理由

 

多動性障害のサプリメントの中で、どうしてコドミンがオススメなのでしょうか。
それには、2つの理由があります。

 

まず1つ目が、脳の機能をよくするホスファチジルセリンという物質がたくさん入っている点です。
脳の細胞は、細胞膜という膜に覆われています。ホスファチジルセリンはこの細胞膜を構成する物質なのです。他にも様々な物質で膜は構成されていますが、ホスファチジルセリンが増えることで膜が柔らかくなります。
そうするとドーパミンやセロトニンといった神経伝達物質が出入りしやすくなり、脳内での情報の伝達がスムーズに行えるようになります。

 

実際に6〜12歳の子供にホスファチジルセリン200mgを2ヶ月間毎日飲ませると、多動性障害の兆候が有意に改善されたという研究もなされています。

 

このように、コドミンに含まれるホスファチジルセリンという物質は、脳の機能を改善するのに役に立ちます。

 

 

2つ目の理由は、飲みやすさです。
サプリメントというと、少し苦い味だったり独特の風味があったりする場合が多いですが、このコドミンはラムネ味がつけられていて、子供でも飲みやすくなっています。

 

はじめてお子様にサプリメントを使う場合、一度飲んでお子様の舌に合わなかったからそれ以来飲まなくなった、ということが多いのです。サプリメントは継続することで効果を発揮しますから、一度飲むだけではいけませんね。
また、長く飲むことを考えると、作られている過程も重要。コドミンは、清潔な国内の工場で生産され、管理体制万全の状態で届けられます。

 

このような点で、コドミンは多動性障害のお子様にオススメのサプリメントなのです。

 

摂取する回数、量はどれくらい?

 

コドミン1粒には、ホスファチジルセリンが100mg配合されています。メーカーでは、1日に1、2粒を好きな時に飲むことを推奨しています。一度にたくさん飲むよりも毎日続けて飲む方が、効果が出やすいとされています。

 

また、1日に500〜600mgの量を毎日飲むと胃腸障害や不眠などの副作用が発生することが報告されていますので、規定量より多い摂取は避けましょう。副作用が起きてしまっては、もったいないですね。

 

値段はどれくらい?

 

コドミンのホームページから定期配送のトクトクコースで申し込むと980円と、非常にお得な価格で購入することができます。
大手の通販サイトでも取り扱っていることがありますが、割引などの特典を受けられない点に注意してください。

 

多動性障害,サプリ,サプリメント,子供

多動性障害のお子様への接し方

 

ここまで多動性障害に効果的なサプリメント「コドミン」について紹介してきました。
最後にコドミンを服用しながら、多動性障害のお子様にどのように接していけばいいかを年代別に述べていこうと思います。

 

根気よく接したい幼少期

 

幼少期の多動性障害では、家の中で落ち着かない様子でうろうろしたり物をよく壊したり、言語の発達が遅れたりといった傾向がみられます。これらを改善するには子供を落ち着かせるためにゆっくり近づいて穏やかに話しかけたり、言葉の指導を再度行ったりということが効果的になってきます。
悪いことをした時には、怒鳴りつけるのではなく優しく叱るように心がけましょう。

 

保育園や幼稚園に通っている場合は、先生にも相談しておくと良いでしょう。保育園や幼稚園の先生は、いわば子供のプロ。たくさんの子供を見てきていますから、アドバイスを受けられたり効果的な接し方も得意です。話を打ち明けることで、お母様の心の負担も体の負担も減りますよ。

 

「コドミン」を使う前にはきちんと話を聞くことのできなかった子供も、コドミンを使いはじめて落ち着いてくると、徐々に話を聞けるようになるようになりますから、根気よく、わかるように伝えることを続けてあげてください。

 

小学生には理由をしっかり伝える

 

小学生の多動性障害では、授業中にじっと座っていられなかったり、周りとよくけんかをしたり、集中が続かなかったりといった傾向があります。一方では、自分の意思を持って行動するようになります。
そのため、すぐに新しい刺激が気になって周りの物に目が映ってしまい、一つのことに集中できなくなってしまいます。

 

できるだけ、気をそらすようなゲームなどをさせないようにするなど、子供の環境から刺激を減らすことが一つの対策としてあげられます。
また、むやみにしかりつけるのではなく、やってもいいことと悪い事との区別をしっかりとつけさせ、優しく叱ることも必要です。

 

例えば人の物を勝手に使っていたら、怒鳴るのではなく、それは自分の物じゃなくて人の物だから勝手に使ってはいけないよ、といったように、理由と共に何をしてはいけないかを優しく教える必要があります。特に学校では怒鳴って言い聞かせる先生もいるので、学校との協力も必要になります。

 

「コドミン」を使いはじめて集中できるようになったら、特に興味のあること、好きなことを見つけてあげるようにしましょう。

 

中高生は否定してはだめ!

 

中高生の多動性障害では、親や先生に歯向かったり集中力が持続しなかったりといった傾向が見られます。

 

中高生になると習い事など、一つのことに打ち込んでいる子供が周りに増えてきます。中高生で多動性障害の場合も、何か一つでも興味を持てるものを引き出すことが重要となります。そうすることで自分から進んでそのことに取り組むようになり、集中力の改善に繋がります。

 

そして、褒めることも大事です。思春期に入り、自分も大人だと認めてほしい年頃になると、大人な態度や行動をとれたことを褒めてほしいと感じます。少し対応が間違っていても、良かったことを褒めることで、お子様は自分が大人になりつつあるという実感が持てるようになります。

 

また、明らかに間違った行動をしていても、怒鳴ったりせずにまずは話し合い、どうしてそのような行動をとったのかを聞き出し、正しいことを教えるようにします。むやみに怒鳴りつけて他者に従わせようとすると、それはお子様の行動を完全に否定することに繋がり、お子様は自分が否定されたと感じてさらに歯向かうようになるので逆効果です。

 

多動性障害に効果的なサプリメント「コドミン」を服用しつつ、お子様の年代に合わせてこうした接し方を心がけることで、お子様が落ち着いてくるのはもちろん、お母様も心配が少なく落ち着いた生活を取り戻せるようになりますよ。

 

多動性障害,サプリ,サプリメント,子供

まとめ

 

お子様の落ち着きがないことで、いつも一緒にいるお母様のしつけがなっていないんじゃないか、と心ない言葉を発する人がいます。
でもいちばん気にしているのは、毎日接しているお母様ですよね。
落ち着きのないことも多動性障害も、しつけのせいではありません。それはもって生まれた性格だったり脳機能の障害だったりするんです。

 

コドミンは脳の細胞膜を構成する物質であるホスファチジルセリンという物質を100mg含み、脳内の神経細胞を柔らかくすることで神経伝達物質の出入りをスムーズにして脳の機能を改善してくれます。
なにごとも元の原因に直接働きかけることで、すべてがうまくいくことだってあります。

 

お子様が多動性障害かもしれない、落ち着きがなくてもう限界...
コドミンはそんなふうに悩んでいるお母様にオススメのサプリメントですので、是非一度試してみてください。

 

多動性障害,サプリ,サプリメント,子供

更新履歴

多動性障害,サプリ,サプリメント,子供

このページの先頭へ